私はホームページ制作案件を受注することで、スキルの上達に繋がった経験があります。そこで学んだことを、ホームページ制作に興味を持つ方のためにまとめていきたいと思います。

■スキル獲得のためにホームページ制作案件を受注

私は以前、自分自身のスキルの幅を増やすためにWeb制作を勉強していたことがありました。Web制作ではプログラミングやWebデザインスキルなどが必須で、幅広く知識を得る必要があります。それなりに時間はかかりましたが、何とかホームページを制作するレベルに達し、仕事を受注できるようになりました。

受注した案件は、依頼者さんの会社のホームページで、WordPressというシステムで管理していたのです。私自身WordPressは個人的に利用していました。またホームページ制作案件の大半がWordPress案件ということを知っていたので、あらかじめWordPressは学習済みでした。

しかしいざ受注して仕事を始めてみると、戸惑う部分が意外と多かったのです。例えばコーディングはこの書き方でいいのか迷ったり、指示書で少し分かりにくかったりなど、決してスムーズとは行きませんでした。それでも依頼者さんに質問して、回答を頂くことを何度も繰り返して、徐々に完成に近付きました。依頼者さんは非常に親切で、丁寧に迅速対応してくれて、この点がありがたかったです。

■ホームページ制作案件が完了

納期がすぐそこまでという頃についに完成し、依頼者さんに完成品を確認していただきました。正直かなり不安だったのですが、意外とあっさりOKが出ました。実は少し不安な箇所が納品したホームページにはあったのですが、それは何も問題が無かったようです。私は当初、Web制作は全くの初心者でも稼ぎやすいスキルになると聞いて、勉強を始めたのです。

途中、難しい局面に遭遇しましたが何とか解決して、無事納品することができました。そこから分かったことは、ホームページ制作は確かにちゃんと学習すれば稼げるようになるという点です。この記事が、これからホームページ制作を行おうと考えている人の役に立てば幸いです。